スポンサーリンク

映画「鬼滅の刃 無限列車編」を見た!〜魅力を号泣レビュー〜

アクティビティ
スポンサーリンク

はじめに:こうなることは分かっていた

先日、「鬼滅の刃 無限列車編」を見に行ってきました。

無事に『煉獄零巻』もGET!
興行収入200億も突破して、まだまだ盛り上がりを見せていますね。

もう原作は読んでるんだから、話は知っているんだから!泣いてたまるか!
というちょっと反抗的な気持ちで見に行ったんだけども(笑)

もう、困っちゃうくらいに大号泣でした。
もう観た方も多いと思いますが、今回は、その「鬼滅の刃 無限列車編」の感想を書きます。

ストーリーについて

鬼滅の刃の原作を読んでいらっしゃる方には、おそらくそれぞれの好きな話だったり、場面があると思います。

私は単行本派なので、まだ最終巻をまだかまだかと楽しみにしているのですが、それぞれの編に大好きな場面があります。

その中でも、この「無限列車編」は好きな場面がたくさんあるお話です!

映画のストーリーはマンガ通りに進みます。

マンガでは解説が多くなっている部分を映像化することで、解説無しで表現ができ、スッと頭に物語が入ってくるのがとても良かったです。

映像が綺麗

鬼滅の刃のアニメを見たときに、日本のアニメはここまで成長したか!と驚きました。

進撃の巨人のアニメでも立体機動装置の表現に感動しましたが、鬼滅の刃はそれを越えてきます。
アニメでも映画レベルの映像美でしたが、劇場版ももちろんのこと綺麗でした。

列車の中の薄暗い表現、炭治郎の無意識領域の美しさ
何よりも、ラストの夜明けのシーン…

マンガでは感じられない雰囲気、空気感の変化を映像で感じることができます。

映像から鬼滅の刃への愛情やリスペクトを感じる事ができ、さまざまな人が心を込めて制作している想いが伝わりました。

声優の魂が入っている

映像だけではありません。

キャラクターに声を吹き込んでいる声優の魂を感じることができます。

キャラクターとシンクロしすぎていて、声優の存在感があまりありません。
そのキャラクター自身の声として聞こえて来ます。

映画の終盤にかけて、声がだんだん限界を迎えているのではないか…とも感じる勢いが、感動するストーリーに拍車をかけて人を泣かしに来ます。

この無限列車編…マンガでのシーン

「言うはずがないだろう そんなことを 俺の家族が!!」

が好きな人は多いはず…

本当にこの場面をあのように声を吹き込んだ花江夏樹さんを心から尊敬します…

この部分がもう一度見たいがために、もう一回映画を見ようか迷っているところです。

見る時の注意点

コロナ禍でマスクをして映画を見て気が付いたことがあります。

マスクの替えは必須

グレーのマスクはやめとけ!!

これは体験談。

水分で色が変わるマスクは絶対につけてこの映画を見てはいけません。

外に出られなくなります。

マダラ模様にならないくらいグッショり泣けば問題ないかも

最近多い、エンドロールで心を落ち着かせる事ができないパターンの映画です。

まとめ:最高でした

素晴らしい事は想定していましたが、結果、その想定を超えてきます。

いろんな人の想いが込められた素晴らしい作品でした。

感想を今、書いているだけでも冷静に書いているつもりが、どんどん感情が出てきてしまって終盤熱くなりながら執筆してしまいました。

見るか迷っている方は見るべきです。
映画館でこの感動を味わってください。

以上!
「鬼滅の刃 無限列車編」の感想でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました